期外収縮

期外収縮

2段脈、3段脈とは?|心電図のポイントや不整脈の種類についてわかりやすく解説!

2段脈とは脈2拍に対して1回の期外収縮が繰り返し出現する場合、3段脈とは脈3拍に対して1回の期外収縮が繰り返し出現する場合をいいます。期外収縮は生命の危険が少ない不整脈と言われており2段脈、3段脈といった形の期外収縮も多源性や連続性のある複雑な期外収縮と比べると致死的不整脈に移行しにくいと言われています。
心電図

心筋炎とは?|病態生理から心電図波形変化の特徴までわかりやすく解説!

心筋炎とは心臓の筋肉に炎症が生じた状態をいいます。心電図は心筋炎において最も感度の高い簡易診断法となります。異常所見の頻度としてはST-T異常と心伝導障害が最も多く、QRS波の幅が徐々に拡張してきたら悪化の兆しといわれています。また致死性の不整脈の出現するリスクもあるため継続的なモニター監視が必要になります。
期外収縮

PVC(心室期外収縮)とは?|心電図のポイントや観察のポイント、発見時の対応まで徹底解説!

基本の心周期より早いタイミングで心室から興奮が出現し、心室が収縮する不整脈です。心房の収縮を待たずに心室が興奮するため、ほとんどの場合P波を伴わないQRS波が出現します。また心室内への刺激が本来のルートから伝わらないため、心室全体に伝わるのに時間がかかってしまうことからQRS波の幅は広くなります。
期外収縮

PAC(心房期外収縮)とは?|心電図のポイントや観察のポイント、発見時の対応まで徹底解説!

基本の心周期より早いタイミングで心房から興奮が出現し、心房が収縮する不整脈です。本来は洞結節から興奮が出現しますが、PAC(心房期外収縮)の場合心房内で興奮が出現し、本来のルートから伝わらないためP波の形が異なります。 P波の形状は興奮の出現場所が洞結節から離れるにつれて洞調律時のP波と異なります。
タイトルとURLをコピーしました