スポンサーリンク

補充調律とは?

補充調律とは?

補充調律とは?

本来であれば洞房結節から電気刺激が発生し心臓の収縮が始まります。しかし、洞不全症候群房室ブロックなどによって心室の興奮を認めない場合、補充するように一定の電気活動が生じる働きを補充調律といいます。

補充調律が行われる部位はペースメーカー細胞の働きによって決まります。本来は洞房結節から電気信号が伝わるようになっていますが、電気信号が何らかの障害により途絶えると洞房結節→房室結節→心室の順にペースメーカー細胞が働きます。

ペースメーカー細胞は自身が発生する電気信号より速い電気信号を認識すると、電気信号を発生させるのをやめてしまう性質を持っています。

一般的には房室接合部調律心室補充調律の2種類が代表的な補充調律と言われています。

房室接合部調律とは?

房室接合部調律の場合は房室接合部から電気刺激が発生し心臓の収縮が行われます。心拍数は40~60回/分で経過することが多いですが、60~100回/分の頻脈になる場合があります。これを促進性房室接合部調律といいます。

房室接合部には田原結節という自動性に富んだ組織があり、洞結節からの興奮が遅れると田原結節から自動的興奮が出て心臓を収縮させます。

洞結節以外の場所から発生した調律のため異所性調律に分類されます。

房室接合部調律の波形のポイント

  1. P波がQRS波に埋没して確認できない
  2. もしくはQRS波の前後に逆行性P波が確認できる場合がある
  3. QRS幅は狭くRR間隔は一定

心室補充調律とは?

心室補充調律は洞房結節からの興奮が遅れると心室からでる自動能によって心臓を収縮させます。ただし、心拍数は20~40回/分と非常に不安定で容易に補充調律が途切れることもあります。

また完全房室ブロックに伴っている場合は失神や心停止になるリスクが高いため速やかに対処する必要があります。

洞結節以外の場所から発生した調律のため異所性調律に分類されます。

心室補充調律の波形のポイント

心電図
画像引用:https://recruit.mito-saiseikai.jp/archives/1748
  1. 幅の広いQRS波
  2. P波は確認できない場合が多い
心室補充調律と心室期外収縮(PVC)の鑑別方法は?
画像引用:https://note.com/painbuster/n/n603b0db8c0af

どちらも心室由来の不整脈であるため似たような波形になります。

しかし、心室補充調律は徐脈性不整脈に分類され、心室期外収縮(PVC)は正常な洞房結節の調律より早く心室が収縮しているため頻脈性不整脈に分類されます。そのため治療方法が真逆になるため鑑別が必要になります。鑑別方法としてRR間隔に着目します。

心室補充調律は洞房結節から来るはずの電気刺激が来ないことにより発生するため、RR間隔の延長を認めた後に心室補充調律が出現します。

心室期外収縮では洞房結節からの電気刺激が正常であるにも関わらず、心室で電気刺激が出現し本来収縮するよりも早く収縮するため、RR間隔の短縮を認めた後に心房期外収縮が出現します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました