スポンサーリンク

PVC(心室期外収縮)とは?

PVC(心室期外収縮)とは?

PVC(心室期外収縮)は健康な人にも出現すると言われており、臨床現場でも多くみられる不整脈です。ただし、重症度に応じて治療が必要になる場合もあります。

このサイトでは心電図が苦手な人にもわかりやすい波形の読み方の解説、PVCを見つけた時の対応について解説していきます。

PVC(心室期外収縮)とは?

基本の心周期より早いタイミングで心室から興奮が出現し、心室が収縮する不整脈です。心房の収縮を待たずに心室が興奮するため、ほとんどの場合P波を伴わないQRS波が出現します。また心室内への刺激が本来のルートから伝わらないため、心室全体に伝わるのに時間がかかってしまうことからQRS波の幅は広くなります。

24時間で1発も出現しない人はほとんどいないといわれるほど、多くみられる不整脈です。基本的には健康診断で発見されますが、「脈が飛ぶ」「脈が乱れる」などの自覚症状で救急外来を受診する人もいます。

PVC(心室期外収縮)の原因

心筋梗塞、心不全などの心疾患が背景に隠れていることがあります。また不整脈や心疾患の治療のために処方された薬剤や、低酸素血症、低カリウム血症の合併症などもPVC(心室期外収縮)の原因となります。

PVC(心室期外収縮)波形のポイント

画像引用:https://note-nurse.com/post-13/

P波は確認できないことが多い
②正常より早いタイミングで、幅広いQRS波(0.12秒以上)が あらわれる
T波はQRS波と逆向きにあらわれる
④PVC後の心拍はほとんどの場合1拍休む(代償性休止

PVC(心室期外収縮)観察のポイント

1、出現頻度

散発性
PVCが1分間に1回未満、または1時間に29回以下
頻発性
PVCが1分間に1回以上、または1時間に30回以上
連発
2連発   → VT・VFに移行する確率:1%
3連発   → VT・VFに移行する確率:5%
30秒以上 → VT・VFに移行する確率:10%

2連発に比べて3連発が危険視される理由とは?

VT・VFに移行する確率が5倍に跳ね上がるから‼
また3連発以上のPVCはショートランと呼ばれています。

画像引用:https://note-nurse.com/post-13/
2、形

単源性…心室の1か所から興奮が出現したPVC
興奮が1か所から出現しているため波形は同じ形のPVCが出現します。

画像引用:https://note-nurse.com/post-13/


多源性…心室の複数箇所から興奮が出現したPVC
興奮が複数箇所から出現しているため波形は違う形のPVCが出現します。

画像引用:http://emergency-room.jp/premature-contraction/
単源性と多源性 危険なのはどっち?

規則性がない多源性の方が危険!(多源性>単源性

3、R on T型
画像引用:https://note-nurse.com/post-13/

PVC(心室期外収縮)が先行するT波の下降脚に重なった場合をさします。T波は心室筋の再分極相で不安定な時期です。心室の興奮が冷めきらない間に、他からの刺激が伝わり心筋の興奮が高まる結果、VT・VFに移行するリスクが高くなります。

「RonTからVTに移行した波形」

  画像引用:http://emergency-room.jp/premature-contraction/
T波の下降脚が危険な理由とは?

心筋細胞には一度興奮するとそのあとしばらく刺激に反応できなくなる間があります。この時期を不応期と呼びます。心電図上のT波の頂上付近は絶対不応期から相対不応期へ移る時期になります。この時期に心室が強い刺激を受けた場合、VT・VFのような危険性の高い不整脈が誘発されることがあります。

絶対不応期…いかなる強い刺激を与えても反応しない時期
相対不応期…比較的強い刺激である場合には反応する時期

PVC(心室期外収縮)を見つけたときの対応

健康な人でも1日の間で何回か出現する不整脈のため、基礎疾患がなく自覚症状がない場合は治療の必要がありません。

ただし、重症度の高い期外収縮はVT(心室頻拍)VF(心室細動)に移行しやすいので放置してはいけません。重症度の分類にはラウン分類が利用されます。少なくとも3度以上のPVC(心室期外収縮)が見つかった場合は速やかに医師に報告が必要になります。

PVCの重症度 ラウン(Lown)分類
1度散発する単一のPVC
(1時間に29回以下)
2度頻発するPVC
(1分間に1回以上、または1時間に30回以上)
3度多源性PVC
(形の違うPVCが2つ以上出現する)
4度a連発性PVC
(PVCが続けて2つ出現する)
4度b連発性PVC
(PVCが続けて3つ以上出現する)
5度早期性PVC
(R on Tが出現する)
PVCとPACの危険度の違いについて

心房は心室の収縮の補助的な役割をしていますが、心室のうち左心室は全身に血液を送る重要な役割をします。そのためどちらかと言うとPVC(心室性期外収縮)の方が危険性を持ちやすいです。

アイコンキャッチ画像:Freepik – jp.freepik.com によって作成された travel 写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました