ブロック・伝導遅延

ブロック・伝導遅延

補充調律とは?

本来であれば洞房結節から電気刺激が発生し心臓の収縮が始まります。しかし、洞不全症候群や房室ブロックなどによって心室の興奮を認めない場合、補充するように一定の電気活動が生じる働きを補充調律といいます。
ブロック・伝導遅延

非特異的心室伝導遅延とは?

非特異的心室伝導遅延とは健康診断の心電図でみられる不整脈です。特にスポーツを行っている若年層に多い心電図波形となります。このサイトでは非特異的心室伝導遅延について解説していきます。
徐脈

房室ブロック(AVブロック)とは?

房室ブロックとは何らかの刺激伝導系の障害によって、心房から心室への伝導がブロックされる不整脈です。ブロックの状態により、いくつかのタイプに分類され危険度も変わってきます。このサイトでは心電図が苦手な人にもわかりやすい波形の読み方の解説、房室ブロックを見つけた時の対応、治療方法などについて解説していきます。
ブロック・伝導遅延

右脚ブロック、左脚ブロックとは?

脚ブロックは右脚ブロック、左脚ブロックの2種類あります。本来であれば心室全体に刺激を伝える脚に障害が生まれ、心室への伝導がうまくいかない状態を脚ブロックといいます。このサイトでは心電図が苦手な人にもわかりやくす右脚ブロック、左脚ブロックの波形の読み方の解説、見つけたときの対応などを解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました