電解質異常

キーワードで探す

高カリウム血症、低カリウム血症の心電図変化とは?カリウムが原因でテント状T波、平低T波になる?

電解質異常の中で心電図に影響が大きく、日常的に問題となる代表的な電解質としてカリウム、カルシウムが挙げられます。高カリウム血症では心筋の興奮からの回復時間が短くなるため、QT間隔が短縮するとともに、特徴的なテント状T波が出現します。それに対し低カリウム血症ではQT間隔の延長、T波の平坦化、陰性化が出現します。
キーワードで探す

高カルシウム血症、低カルシウム血症の心電図変化とは?|カルシウムが原因でQT延長やQT短縮になる?

電解質異常の中で心電図に影響が大きく、日常的に問題となる代表的な電解質としてカリウム(K)、カルシウム(Ca)が挙げられます。高カルシウム血症とは血性カルシウム濃度が11㎎/dlより高い数値の場合を指します。高カルシウム血症は通常、過剰な骨吸収に起因します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました