狭心症

心電図

危険なST低下の形とは?|上行型、下行型、水平型、盆状型のST低下の違いについて解説

心電図においてST変化は心室筋の状態を読み解くカギとなります。主に狭心症発作時の虚血性変化として多くみられる波形変化です。水平型、下行型のST低下では虚血性心疾患を疑う必要があります。上行型は大きな異常が隠れていることは少なく、盆状型はジギタリス中毒にみられる特徴的な波形変化です。
タイトルとURLをコピーしました