スポンサーリンク

等頻度房室解離、促進房室接合部調律とは?|心電図波形のポイントや発生機序について解説

等頻度房室解離、促進房室接合部調律とは?|心電図波形のポイントや発生機序について解説

等頻度房室解離とは?

まず房室解離とはP波(心房)とQRS波(心室)の間で電気刺激が繋がっておらず解離している状態をいいます。その中でも等頻度房室解離とはQRS波の間隔は一定ですが、P波の間隔が微妙に変化している波形のことをいいます。

電気刺激の機序

電気刺激の流れとしてはP波の興奮到達前に接合部調律の興奮が発生した状態で、洞結節の興奮頻度と房室接合部調律の出現頻度がほぼ等しい場合に等頻度房室解離が認められます。

等頻度房室解離の波形のポイント

心電図波形
  • RR間隔は一定リズム
  • PP間隔に若干のずれが生じている
  • PP間隔とRR間隔がほぼ等しい

促進房室接合部調律とは?

電気刺激の発生機序

促進房室接合部調律とはQRS波がP波を追い越したことによりP波が消失する波形のことをいいます。

促進房室接合部調律は房室接合部自動能が更新した状態で洞結節の興奮頻度と接合部調律の出現頻度がほぼ等しく、QRS波がP波を追い越すことでP波がQRS波に埋没して認められません。

よくある患者背景

  • 交感神経の過緊張状態
  • 交感神経刺激作用をもつ薬物使用中の患者

※交感神経は自動能の亢進に深い関わりがあり、促進補充収縮は接合部が生理的にもつ自動能が亢進することにより発症するため

促進房室接合部調律の波形のポイント

  • QRS波は正常で規則的に出現しているが先行するP波が認められない
  • 先行するP波が消失した部位のQRS波の形が変化する

そもそも房室接合部調律ってなに?

本来であれば洞房結節から電気刺激が発生し心臓の収縮が始まりますが、洞不全症候群房室ブロックなどによって心室の興奮を認めない場合、補充するように一定の電気活動が生じる働きを補充調律といいます。

補充調律が行われる部位はペースメーカー細胞の働きによって決まります。本来は洞房結節から電気信号が伝わるようになっていますが、電気信号が何らかの障害により途絶えると洞房結節→房室結節→心室の順にペースメーカー細胞が働きます。

この働きを補充収縮といい、一般的には房室接合部調律心室補充調律の2種類が代表的な補充調律とされています。

→接合部調律については別の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

アイコンキャッチ画像:KamranAydinov – jp.freepik.com によって作成された blue 写真” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>http://<a href=’https://jp.freepik.com/photos/blue’>KamranAydinov – jp.freepik.com によって作成された blue 写真</a>

コメント

タイトルとURLをコピーしました