スポンサーリンク

心不全の分類と進展ステージとは?循環器病棟で働く看護師へむけて徹底解説!!

心不全の分類と進展ステージとは?循環器病棟で働く看護師へむけて徹底解説!!

心不全の定義

心不全とは「なんらかの心臓機能障害、すなわち、心臓に器質的および/あるいは機能的異常が生じて心ポンプ機能の代謝機転が破綻した結果、呼吸困難、倦怠感や浮腫が出現し、それに伴い運動耐容能が低下する臨床症候群」と日本循環器学会で定義されています。

心不全の分類

1、LVEFによる心不全の分類

心不全は心外膜や心筋、弁膜症、冠動脈疾患、大動脈疾患、不整脈などさまざまな要因により引き起こされます。

しかし、多くの症例では左室機能障害が関与していることが多く、また臨床的にも左室機能によって治療や評価方法が変わってきます。

そこで日本循環器学会では米国心臓病学会財団(ACCF)のガイドラインを参考にし、左室駆出率(LVEF)による分類が紹介されています。

臨床現場ではLEVFが低下した心不全(HFrEF)をヘフレフと呼び、LEVFが保たれた心不全(HFpEF)をヘフペフと呼び、この2種類がよく使われています。

      定義           LEVF                        説明
LEVFの低下した心不全
(HFrEF)
40%未満収縮不全が主体。現在の多くの研究では標準的心不全治療下でのLEVF低下例がHFrEFとして組み入られている。
LEVFの保たれた心不全
(HFpEF)
50%以上拡張不全が主体。診断は心不全と同様の症状をきたす他疾患の除外が必要である。有効な治療が十分には確率されていない。
LEVFが軽度低下した心不全
(HFmrEF)
40%以上
50%未満
境界型心不全。臨床的特徴や予後は研究が不十分であり、治療選択は個々の病態に応じて判断する。
LEVFが改善した心不全
(HFrecEF)
40%以上LEVFが40%未満であった患者が治療経過で改善した患者群。HFrEFとは予後が異なる可能性が示唆されているが、さらなる研究が必要である。

2、Forrester分類(フォレスター分類)

フォレスター分類
画像引用:https://med.toaeiyo.co.jp/contents/cardio-terms/test-exam-diagnosis/4-69.html

Forrester分類は急性心筋梗塞における急性心不全の予後を予測する目的で作成された分類です。病型の進行に伴い死亡率が増加することが示されています。

3、Nohria-Stevenson分類(ノリア・スティーブソン分類)

ノリア・スティーブソン分類
画像引用:https://med.toaeiyo.co.jp/contents/cardio-terms/test-exam-diagnosis/4-70.html

Nohria-Stevenson分類は末梢循環および肺聴診所見に基づいた心不全患者のリスクプロファイルとして優れています。身体所見から簡便に病態を評価することが可能なのが大きな特徴です。

プロファイルA~Lまで4分類したところ、短期間での死亡例はプロファイルCとBが多いという結果がでました。

うっ血所見…起坐呼吸、頸静脈圧の上昇、浮腫、腹水、肝頸静脈逆流などで評価

低灌流所見…四肢冷感、傾眠、低Na血症、腎機能悪化などで評価

4、クリニカルシナリオ(CS)

クリニカルシナリオ
画像引用:https://www.jmedj.co.jp/premium/laboex/data/0001/

クリニカルシナリオは急性非代謝性心不全の初期治療導入の指標として頻用されている分類です。

大きな特徴として循環専門医以外の医師が救急外来での初期対応導入を迅速に行えることを目的に作成されました。心不全患者の初期収縮期血圧を参考に、病態を把握してすみやかに治療を開始するアプローチ法を提案したものになります。

注意点として初期対応導入後は再評価が必要となり、適切な二次治療に移行する必要があることが挙げられます。

5、NYHA心機能分類

NYHA分類
画像引用:https://med.toaeiyo.co.jp/contents/cardio-terms/test-exam-diagnosis/4-16.html

NYHA分類は心不全の重症度判定に広く用いられている分類で、身体労作により生じる自覚症状に基づいて判定されます。

Ⅱ度の判定が広すぎるという指摘もあり、最近ではⅡSとⅡMに細分化することが提案されています。

心不全の進展ステージ

日本循環器学会では心不全の進行についてACCF/AHAの心不全ステージ分類を参考にガイドラインを作成しています。このステージ分類は適切な治療介入を行うことを目的にされており、無症状であっても高リスク群であれば早期に治療介入することが推奨されています。

心不全の進展ステージ
画像引用:https://www.jhf.or.jp/pro/a&s_info/guideline/post_4.html

ステージA:器質的心疾患なし、心不全の症状なし

ステージAは器質性心疾患(心臓の弁、血管、筋肉に異常がある病気)はなく、心不全の症状はありませんが高血圧、糖尿病、動脈硬化性疾患などを発症している状態をさします。

治療は高血圧や糖尿病といった心不全発症の危険因子のコントロール(治療)を行います。また塩分摂取量の管理など生活習慣の改善を行う時期になります。

ステージB:器質性疾患あり、心不全の症状なし

ステージAが進行するとステージBへ移行します。

ステージBは心筋梗塞、高血圧による左室肥大など器質性心疾患を伴いますが、心不全の症状はない状態をさします。

治療は器質性心疾患や心不全発症の危険因子のコントロール(治療)を行います。、あた生活習慣の改善を継続して行います。

ステージC:器質性疾患あり、心不全の症状あり

ステージBが進行するとステージCへ移行します。

ステージCは心不全徴候が出現し急性心不全を発症します。あるいは慢性心不全の急性増悪を繰り返している状態をさします。

ステージCでは急性心不全と慢性心不全が交互に起こるため、それらの治療を行い症状のコントロールをが必要になります。また、ステージCでは心不全による再入院を防止すること、突然死を防ぐこと、QOLを維持することが大きな目標になります。

ステージD:難治性の末期心不全

ステージDは難治性の末期心不全の状態です。心不全の様々な症状が出現しています。

治療は末期性心不全のため緩和ケアや終末期ケアが中心となります。

アイコンキャッチ画像:Wayhomestudio – jp.freepik.com によって作成された man 写真” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>http://<a href=’https://jp.freepik.com/photos/man’>Wayhomestudio – jp.freepik.com によって作成された man 写真</a>

コメント

タイトルとURLをコピーしました