スポンサーリンク

DNRとDNARの違いとは?

DNRとDNARの違いとは?

DNA、DNARとは患者が望まれない不要な侵襲的治療を回避するための意思表示です。心肺停止時にCPR(心肺蘇生)が行われないように医師から医療スタッフに指示がでます。

DNAとDNARともに「何も治療をしない」という意味ではありません。このサイトではDNAとDNARの意味と違いについて解説していきます。

DNRとは?

DNR(ディーエヌアール)とは患者が容態が急変し心停止した場合に、蘇生処置を行わないという意思決定です。do not resusccitateの略語。

「do not resusccitate」を和訳すると「蘇生処置をしない」という意味になります。蘇生処置とは胸骨圧迫や気管挿管などを指します。そのため蘇生処置以外は標準治療となります。

「何も治療をしない」という意味ではありません。

・呼吸不全に対しては挿管する
・腎不全に対しては透析を実施する
・低血圧に対してはCVCを挿入し昇圧剤を使用する etc…

DNARとは?

DNAR(ディーエヌエーアール)とは尊厳死の概念に相通じる考え方で、癌の末期、老衰、救命できる可能性が低い患者に対して、蘇生処置を行わないという意思決定です。do not attempt resusccitateの略語。

「do not attempt resusccitate」を和訳すると「蘇生処置を試みない」という意味になります。DNR同様蘇生処置以外は標準治療となります。

「何も治療をしない」という意味ではありません。

DNRとDNARの違いは?

どちらも共通する部分は心肺停止時にのみ有効な指示だということです。

DNRとDNARの違いとしてDNRは蘇生できる可能性がある患者に蘇生処置を行わないという意味があるのに対して、DNARは蘇生処置を行っても蘇生される可能性が低い患者い対して蘇生処置を行わないという意味があります。

心停止時にむやみにCPRを実施するのも問題ですが、蘇生の可能性がある患者にCPRを行わないのも問題になります。そのため患者の意思決定は確認し常に把握する必要があります。

アイコンキャッチ画像:https://jp.freepik.com/free-photo/young-brunette-sleeping-on-floor_2074072.htm#page=2&query=眠る&position=1

コメント

タイトルとURLをコピーしました