スポンサーリンク

脱水の種類と輸液の選択について

脱水の種類と輸液の選択について

脱水とは?

脱水とは何らかの要因により水とナトリウム(Na)が不足している状態をさします。水分とNaのどちらが多く失われたかによって、水分欠乏型脱水(高張性脱水)とNa欠乏型脱水(等張液脱水、低張性脱水)に分類されます。

高張性脱水について

高張性脱水とは水欠乏からなる脱水で、失った水分に見合った水分が補充されなかったときに発生します。水分が欠乏するため体内に残されたNaの濃度が高い状態となります。細胞内脱水に分類されます。

細胞内から移動した水分により細胞外液が補われるため喪失量に比べて症状は軽いのが特徴です。

原因

・下痢、嘔吐、発汗
・尿崩症など

輸液の選択

循環血液量は保たれていることが多く、主に細胞内液の補充が必要になります。そのため輸液は5%ブドウ糖液(自由液)が選択されます。この場合、血糖値の上昇や浸透圧利尿によってさらに脱水になることがあるため注意が必要です。

等張性脱水について

等張性脱水とは水とNaが比較的等しく失われた場合に生じる脱水です。

細胞外脱水に分類されます。

原因

・出血
・熱傷

輸液の選択

細胞外液が減少しているため細胞外液の補充ができる酢酸リンゲルや生理食塩水などが選択されます。

低張性脱水

低張性脱水とは体液を喪失し、それよりさらに低張な水分を摂取した場合に生じる脱水です。水に対するNaの濃度が薄くなります。細胞外脱水に分類されます。

原因

・利尿薬過剰投与
・下痢、嘔吐、発汗
・低アルドステロン症
・水は飲めるが食べることができない状態など

輸液の選択

細胞外液が減少しているため細胞外液が補充できる酢酸リンゲルや生理食塩水などが選択されます。

生理食塩水(細胞外液)を投与した場合の体内分布

私たち人類は細胞外の陽イオンはナトリウム(Na)、細胞内の陽イオンはカリウム(K)が多く分布しています。そして細胞内外のイオンの行き来は自由にできない仕組みになっています。

そのため、等張液である生理食塩水(Na154mEq)ナトリウムが主成分のため輸液で投与された水分は細胞外液に分布するということがわかります。

生理食塩水を投与した場合1/4が血管内に残るといわれてるため1000ml投与した場合、血管内に残るのは250mlとなります。残りの750mlは血管外へ移動します。

5%ブドウ糖液(自由液)を投与した場合の体内分布

5%ブドウ糖液は50g/Lのブドウ糖液を含みますが、これはすぐに代謝されて自由水になります。低張液である自由水は細胞内外に分布します。

5%ブドウ糖液投与した場合1/12が血管内に残るといわれているため1000mlを投与した場合、血管内に残るのは83mlとなります。残りの917mlは自由液として細胞内外へ移動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました